ホーム > チェンソー知恵袋

チェンソー知恵袋

ご投稿募集中!!

知っていれば便利なソーチェンの目立て方法やチェンソーのメンテナンス方法、その他裏技など、チェンソーについて皆様のお知恵を拝借するコンテンツです。
チェンソーに関連していればどんな事でも構いませんので、 『 知恵袋投稿フォーム 』 よりご投稿ください。
文章では理解し難いお知恵の場合は、お手数をおかけ致しますが必ず画像データを添付してください。
チェンソー知恵袋に掲載させていただいた方全員に、当店でご利用いただけるポイント100ポイント(100円分)~500ポイント(500円分)をプレゼント致します。
投稿内容や文字数により進呈ポイント変わります。(ポイント数は当店が決定致します。)

①知恵袋投稿フォームをクリックして下さい。
②お名前(実名とハンドルネーム)、E-mail、住所(任意)をご記入ください。
『 本文 』 の部分にお知恵の詳細をご記入ください。
④画像を添付してください。(※文章のみで内容が十分であれば添付いただかなくても問題御座いません。)
添付いただける場合は、550px×550px 未満の画像をご用意ください。
550px×550px以上の画像の場合は、当店で加工致します。

※ポイント進呈は会員様限定となりますので、必ず当サイトの会員登録を済ませてからご投稿ください。
※コンテンツ 『 チェンソー知恵袋 』 に内容を掲載させていただきました方のみポイントを進呈致します。
※ポイント進呈はコンテンツに掲載させていただいた際に同時に行います。
※ポイントプレゼントの際に必要となりますので、必ず実名をご記入の上ご投稿ください。
※コンテンツ内で実名を伏せたい会員様はハンドルネームをご自由にお決めいただき、実名と共にお知らせください。
※内容不足のご投稿やチェンソーからかけ離れたご投稿はコンテンツに掲載致しません。
※詳しくご説明いただいた方のみコンテンツに掲載致しますので、なるべく詳しくご説明ください。
※内容が違うご投稿であれば、何度ご投稿いただいても構いません。
※掲載済のお知恵と同内容のご投稿はお控えください。
※他サイト様からの引用は行わないでください。
※一度ご投稿いただくと消去は行いません。
※ご投稿からコンテンツに掲載されるまでに約1週間ほどお時間をいただきます。
※当店から返信は行いません。

■ 知恵袋NO.4 ■ スチール ソーチェン 13RMSの目立て段取り

2015-04-07-chie.jpg

2015-04-07-chie-2.jpg

■ 投稿者 ■ KAZU 様
 
■ 題名 ■ スチール ソーチェン 13RMS(ラピッドマイクロスペシャル)の目立て段取り。
 
■ 投稿文 ■
13RMSは4mmのやすりを使うようになってますが(1)、
新品の13RMSの刃のふもと(ガレット)に突起があって(2)、
4mmのやすりが入りません(3)。
やすりホルダーも浮いてしまいます(3a)。
 
目立てと同時に削っていけば良いのでしょうが、
突起が引っかかってやすりが進みにくいし、
余分なものでやすりを減らしたくありません。
 
そこで事前にルーターで突起を削っておきます。(4)
 
そうすると、普通の25APのようにやすりが通ります(5)。
(ただしデプスゲージの内側に少し引っかかります)。
やすりホルダーも浮かず、正しく目立てができます(5a)。

ピコマイクロ3用の3.5mmやすりなら、突起をかわせます。
フックぎみで使うなら、こんな手間をかけなくて良いですが、
どうでしょうか。

スチールは何故こんな突起を残しているのでしょうか。
お客さんにやさしくないですね。

■ 進呈ポイント ■ 200pt

■ 知恵袋NO.3 ■ クラッチカバーから漏れてくるチェンオイルの対策。

2015-3-31-chie.jpg
■ 投稿者 ■ KAZU 様
 
■ 題名 ■ クラッチカバーから漏れてくるチェンオイルの対策。
 
■ 投稿文 ■
ハスクバーナ バッテリーチェンソー 536Li XPに汎用ガイドバーを使用すると、
汎用ガイドバーはチェンソーオイル穴がテンショナーの穴を兼ねている為(写真1)、
落下防止ナットの取り付け穴からチェンソーオイルが出てきます(写真2)。
カバー側にチェンソーオイルが行かないように、
ガスケットを作りました(写真3)。
これで油汚れなく作業ができるようになりました(写真4)。
 
■ 当店からの補足 ■
550XPや560XPを筆頭に、最近のハスクバーナはクラッチカバープレートが装着されていない機種が続々と販売されております。
KAZU様のおっしゃる通りの現象で、ガイドバーとのマッチングによりますがクラッチカバーよりオイルが漏れてくる症状が起きております。
メーカー純正品では販売されていない部品なので、KAZU様よりいただいた本投稿と同じようにガスケットを施せば問題は解決します。
550XPと560XPに限っては他社から対策品(クラッチカバープレート)が販売されておりますので、近日中に取り寄せ致しまして取り扱いを開始致します。
 
■ 進呈ポイント ■ 200pt

■ 知恵袋NO.2 ■ 目立てでお悩みの方へ朗報。

■ 投稿者 ■ 雉琴の市 様

■ 題名 ■ 目立てでお悩みの方へ朗報。

■ 投稿文 ■
目立てでお悩みの方へ朗報、私はあまり得意でなく、色々試しましたが、ハスクのコンビゲージはかなり優れものです。
両手でヤスリを持ちゆっくりと仕上げが出来ます以前は削りすぎでしたが刃の大きさもかなり均一にでき縦部分が鈍角になりません。
ゲージ・ピッチ毎に種類がありますがあまり高くありません。
ソーチェンの寿命も結果的に延びコストダウンと時間短縮も出来るのでは?
少し大げさですけど おしです。

■ 進呈ポイント ■ 100pt

■ 知恵袋NO.1 ■ チェンソーのエンジンがかぶった時の始動方法。

■ 投稿者 ■ 円陣 様

■ 題名 ■ チェンソーのエンジンがかぶった時の始動方法(始動不良)について。

■ 投稿文例 ■
初爆音(ブルンッと一瞬エンジンがかかる音)を聞き逃し、チョークをしたままスターターコードをひっぱりすぎていると、混合気がシリンダー内に入りすぎ、スパークプラグが不完全燃焼を起こします。
この状態がエンジン(プラグ)が 『 かぶっている 』 状態です。
そういった場合は、まずスパークプラグを外します。
スパークプラグの電極がガソリンで濡れていると思いますので、布巾で電極についているガソリンを拭いてください。
そしてチェンソーを上下反対に向けて何度もスターターロープを引いてください。
そうすると、スパークプラグを差し込んでいた穴から溜まった混合燃料が出てきます。(※作業をする前に、必ず下に捨ててもよい布巾などを敷いて行ってください。)
スターターロープを引く作業を10~20回続け、燃料があまり出てこなくなってきましたら、外したスパークプラグを取り付け、チョークレバーを引かずにスターターロープを思い切って引いてください。
1~2度ですぐにエンジンがかかります。

オーダーの手順

導入までのアドバイス

チェンソーの品揃え

アフターフォローメンテナンスツール

ショッピングカートカート

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

領収書の発行について

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤色が定休日になっております。

携帯サイトはこちらから

twitter

Facebook

ブランド別検索

husqvarna_logo04-200.jpeg
新ダイワロゴ-200.jpeg
KYORITZ_L-200-2.jpeg
zenoah-logo-200.jpeg
kaaz_logo-200-2.jpeg
Oregon_Logo_200.jpeg
Samurai-ELVEX-LOGO-135.jpeg
sugihara_logo-200-2.jpeg
tsumura-logo-200.jpeg
logo-macgreen-198.jpeg
PFANNER-LOGO-3.jpg
Interforst_Logo-150.jpeg
gransfors_logo-200.jpeg
logo-helko.gif
wetterlings-splitting-axes-12-200.jpeg
Hultafors_logo-200.jpeg
halder_top_logo-200.jpeg
tecomec-200.jpeg
Pferd-main-120.jpeg
vallorbe-logo-120.jpeg
SKD-150.jpeg
COVERWORK-LOGO-200.jpg
PAGE TOP
??